●5月19日の礼拝メッセージ要旨(マタイ17:1~13)

 イエス様がペテロとヤコブとヨハネを連れて高い山に上られ、そこでお姿を変えられたという聖書の箇所からポイントを三つあげて学びましょう。
   ①本来のお姿…自分が高い地位にあるのに、それを隠して一般民衆の中に紛れ込む、そんな映画もありました。また、その逆で、何の力もないのに周囲に祭り上げられて、偶像化しているというケースもあります。日本には八百万(やおよろず)の神々がいると言われています。それらは正に偶像であり、口や耳がかたどってあっても語ることも聞くことさえもできません。イエス様は人の姿となって、この地上を歩まれましが、本来のお姿は、このマタイ17:2や黙示録1:13~15で表現されているものです。その力強い方が、低くなられて十字架まで従われた(ピリピ2:6~8)のです。 
 ②彼の言うことを聞きなさい…お姿が変わったイエス様の前にモーセとエリヤが現われたので、ペテロは三人のために三つの幕屋を作ると言ったのですが、天から「彼の言うことを聞きなさい。」という厳かな声を聞きます。今日、私たちも、イエス様のみことば、聖書のみことばをよく読み、聞き従う者となりましょう。
 ③エリヤはすでに来た…目の前にエリヤを見たペテロらは、エリヤが来る(マラキ4:5~6)と言われていることと重ね合わせて、戸惑いを感じました。しかし、イエス様は、来るべきエリヤとはバプテスマのヨハネだと言われます。最後の大いなる神の審判の前に、バプテスマのヨハネが道備えしたイエス様の十字架の救いの道が開かれました。この時点で、ペテロたちは、そのことを理解できませんでしたが、今日、私たちは、イエス様の救いを受け、イエス様とともに勝利の道を進みましょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です