●8月25日の礼拝メッセージ要旨(マタイ22:15~33)

 カイザルに税金を納めることについての質問、そして、復活についての質問に、それぞれイエス様が答えられた記事からポイントを三つあげて学びましょう。
   ①カイザルのものはカイザルに…パリサイ人とヘロデ党の者たちが一緒になって、イエス様を訴える口実を見つけようとローマへの納税について質問します。しかし、イエス様は「カイザルのものはカイザルに、神のものは神に返しなさい。」と答え、彼らは驚きます。これはこれ、それはそれ、ということなのでしょう。伝道者7:18に「一つをつかみ、もう一つを手放さないがよい。」というみことばがあります。実際的な信仰生活の中で、意外に大切な教えで、どんなことでも極端になってはいけないということです。あることに関して緩すぎてもいけない。堅すぎてもいけない。また、人間関係においては、適度な距離感というものがあります。そういった適度なバランンス感覚を身に付けることも必要です。
   ②聖書も神の力も知らない。…サドカイ派は、復活を信じない人たちで、彼らは復活の矛盾を突いたつもりでいましたが、イエス様に「聖書も神の力も知らない。」と一蹴されます。韓国ハンドン大学のイ・ジェマン教授は地質学の専門家です。彼は、単純な生物の化石が一番下の地層にあって、上にいくほど徐々に高等な生物の化石が出現するというような地層は世界中のどこにもない、と断言しています。イ教授は、アメリカのグランドキャニオンへのツアーに同行して、進化論が何の根拠もない作り話であって、聖書の記述通り、ノアの大洪水の証拠がそこで確認できると言っています。聖書を否定し、神の力も認めない者ではなく、創造主の存在を認め、イエス様を信じる信仰によって、永遠への希望を持って生きる者となりましょう。
   ③神は生きている者の神です。…モーセは、ミデヤンの地で生活していたとき、ホレブの山で全能の主と出会いました。主は「わたしはあなたの父の神、アブラハムの神、イサクの神、ヤコブの神である」と言われました。アブラハムもイサクもヤコブも全能の主を信じ、信仰に生きた人たちでした。創造主を信じる。信仰に生きるとは、聖なる神の前に砕かれ、跪く、自分を義とするのではなく、自らを罪人であると認め、神の助けを請うことです。すなわち、イエス様の救いを受け入れ、生きた者として、神の目的に生きるのです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です