●6月29日礼拝メッセージ要旨(マルコ4:35~41)

  4種類の地に落ちた4つの種の話、そして、からし種の話などの話を終えられたイエス様は、乗られていた舟をそのまま漕ぎ出して向こう岸に渡ろうと言われます。群衆はというと、弟子たちが去らせました。
  さて、舟は激しい突風で波をかぶって水でいっぱいです。弟子たちは恐怖で右往左往しているのに、イエス様は艫(とも)のほうで枕して眠っています。弟子たちの助けを求める声に答えてイエス様は波と湖をしかりつけると、湖は一瞬にして大凪(おおなぎ)となりました。そして、弟子たちに「信仰がないのはどうしたことです。」と言われると、弟子たちは「いったいこの方はどういう方なのだろう。」とつぶやきます。
  18世紀のイギリスの大伝道者であるジョン・ウェスレーは、アメリカ行きの船で大嵐にあい、非常な恐れを感じました。そのとき、船の中で、賛美と礼拝をしている一団(モラビア兄弟団)に会い、自分が持っていない確かな信仰を彼らから感じ取ります。その時以来、ウェスレーは、生きて働く本当の信仰へと引き上げられたのでした。
  (次の話の出自は不明)ある人が、二人の画家に「平安」というタイトルで絵を書くように願いました。先に描き上げた人の絵は、正に平安にふさわしい静けさを表す風景画でした。次にもうひとりの画家も絵を持ってきました。それは、なんと大嵐の絵です。しかし、よく見ると、そこに小鳥の親子が描かれ、小鳥は親鳥の翼の中で嵐を恐れることなく安らいでいるのです。絵を注文した人は後者の絵のほうを高く評価したとのことです。
  イエス様は「わたしは、あなたがたに平安を残します。わたしは、あなたがたにわたしの平安を与えます。わたしがあなたがたに与えるのは、世が与えるのとは違います。あなたがたは心を騒がしてはなりません。恐れてはなりません。(ヨハネ14:27)」と言われました。文字通り、私たちの人生は順風満帆ではありません。しかし、イエス様がご一緒なら大丈夫です。「さあ、向こう岸へ渡ろう」と言われたイエス様に従い、様々な困難があろうとも、神の国建設のために仕えてまいりましょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です