●11月3日の礼拝メッセージ要旨(マタイ25:1~13)

 この25章では、世の終わりと主の再臨をどのように迎えるべきかということについて、三つの記事が記されています。最初の記事、花婿の到着を待つ10人の娘のたとえから三つのポイントで学びましょう。
   ①油の用意…5人の賢い娘たちは油を用意していたので、花婿の到着が遅れても何の問題もありませんでした。しかし、他の5人の愚かな娘たちは油を用意していなかったので、結局、婚宴に間に合いませんでした。さて、私たちが、世の終わりと再臨に備えるために、何を備えておけば良いのでしょう。初代教会が誕生したばかりのとき、救われた人たちは、使徒たちの教えを堅く守り、交わりをし、パンを裂き、祈りをして(使徒2:42)いました。それは、今日も変わることがありません。教会に来て礼拝と交わりを持ち、家に帰っても聖書通読と祈りに励む。そうすることが、油を用意した賢い娘たちのようです。
   ②戸がしめられた…ノアの大洪水のとき、動物とノアの家族が箱舟に入ると、主ご自身が戸を閉ざしました。アブラハムの時代、ロトと彼の妻と二人の娘たちがソドムとゴモラから山に向かって逃げるとき、御使いが後ろを振り返ってはいけないと言いました。しかし、ロトの妻は後ろを振り返り、塩の柱になってしまいました。イエス様は、ルカ16章でラザロと金持ちの話をしています。ラザロが入ったアブラハムのいる場所と金持ちが入ったハデスとの間には大きな淵があって、決して行き来はできません。今、私たちは、恵みの時、救いの日の中に生かされています。しかし、最後の審判のときは容赦なく、救いの戸が閉じられるのです。
   ③目をさましていなさい…私たちは、肉体の健康のために十分睡眠をとる必要があります。ここでは、霊的な意味で眠っていてはいけないということです。創世記28章で、ヤコブは、父イサクのもとから叔父のラバンの所へ旅立ち、途中で石を枕にして野宿しました。そのとき、彼は夢を見ました。一つのハシゴが天から地に向けてかけられていて、そのハシゴを神の使いが上り下りしていたのです。目を覚ましたヤコブは、「ここは天の門だ。」と言いました。アブラハムから受け継がれた祝福がヤコブにも注がれていたのです。今日、私たちにもイエス様によってアブラハムの祝福が注がれています。イザヤ60:1には「起きよ。光を放て。あなたの光が来て、主の栄光があなたの上に輝いているからだ。」とあります。ヤコブのように、私たちの真上にも主の栄光が輝いているのです。霊の目を覚まし、起き上がって、主の栄光を反映させるような生き方を求めてまいりましょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です