●8月3日礼拝メッセージ要旨(マルコ6:14~29)

ヘロデ王がバプテスマのヨハネを殺害した記事からの学びです。
ヘロデはユダヤの王。地位、権力、財産に恵まれていました。一方、ヨハネはイナゴと野蜜を食べて暮らし、らくだの毛衣を着ていました。権力も財産もありません。しかし、ヨハネは天の神から遣わされた神の人であることを誰もが認めていました。今日、誰もがヘロデよりもヨハネを尊敬するでしょう。ヘロデは世の権力者でしたが、邪悪な人物であり、一時的で滅びに向かっている人でした。何も持たないヨハネは、天に名が記され、永遠の家が用意されていることでしょう。
私たちの信仰生活の究極目標は、正に、イエス様が備えてくださる天の家(ヨハネ14:2)に入ることです。また、私たちだけがそこに入ればよいのではなく、一人でも多くの人々がそこに入らなければなりません。そのために教会があり、教会の建物があります。現在、当教会では建物の建設を目指しております。先日、当教会を訪問されたご夫妻が、お帰りになってから、手紙をくださいました。その中に、会堂建設について、「万軍の主の熱心がこれを成し遂げる」というイザヤ9:7のみことばが記されていました。詩篇37:5には「あなたの道を主に委ねよ。主に信頼せよ。主が成し遂げてくださる。」とあります。イエス様ご自身が、キリストのからだなる教会を建て上げ、会堂も建設してくださることを覚えながら、引き続きお祈りしていきましょう。
私たちが信じている神は、真実で憐れみ深く、私たちの願いを聞いてくださる方です。いつでも、どんなときでも、主を呼び求めてまいりましょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です