●4月5日イースター礼拝メッセージ要旨(第一コリント15:35~49)  

  人間は、どこから来て、どこへ行くのでしょう。母親の胎から生まれ、そして、やがて死を迎えます。死の先に何があるのでしょう。死んだら終わりだと考える人にとっては、この世の中に希望を見いだすことしかできません。しかし、聖書は、失望で終わらない永遠の希望があると言っています。
その根拠は、死んで復活したイエス・キリストです。神の御子イエス様が、多くの人の罪をその身に負い、十字架で死なれ、葬られ、三日目に復活して、天に昇られ、その後、弟子たちに聖霊が降って、初代教会が誕生し、今日に至っています。
   イースターに因んで、テーマを復活に絞りましょう。パウロは、「死者はどのようにしてよみがえるのか。」という多くの人が持つであろう疑問に対して「愚かな人だ。」と一蹴し、植物の種を引き合いに説明しています。あの小さな種から大きな植物に成長する。しかも、種そのものは、死ぬことによって芽を出す。死者の復活もそのようである、と言っています。
   また、肉には、人間、獣、鳥、魚、天上の体があれば地上の体もある。それから、太陽、月、星、それぞれ、その栄光がある。だから、血肉の体もあれば御霊の体もある、と言っています。そして、最初の人アダムは「生きた者」となったが、最後のアダムは「生かす御霊」となった、と言っています。確かに、世界中の富を手に入れても、自分だけを養っているとしたら、最初の人アダムと同じように、ただ生きた者です。しかし、生かす御霊とともに働くなら、真に幸いな人と言えるでしょう。
   私たちは、元々は土から出たものですが、イエス様によって、天から出た者に似た者とされ、この地上で、元気に長く用いられたいものです。そのためにも、陽気な心は健康を良くします(箴言17:22)から、自分自身も他の人も、心が明るくなるような言葉を発しましょう。キリスト者は、第二の人である御子イエス様の形と同じ姿にあらかじめ定められています(ローマ8:29)。そうかと言って、何をしてもうまくいくということではありません。時には試みを受けるときもあるでしょうが、私たちが信じる神は最善を成したもう方ですから、主を信頼して委ねていきましょう。やがて、イエス様が再臨されるとき、まず、最初にキリストにある死者がよみがえり、次に生き残っている私たちが、たちまち、彼らと一緒に雲の中に引き上げられ、空中で主と会うのです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です