●2022年1月9日(日)礼拝メッセージ要旨「キリスト者の自由」 

本日はガラテヤ5:1~15から「キリスト者の自由」という題でポイント4つ上げていきます。 ①自由…筆者は、1976年4月26日夕方、イエス・キリストを信じました。そのとき以来、死という最大の問題の解決を得、虚無感からも解...

●2022年1月2日(日)礼拝メッセージ要旨 …詩篇1:1~6…「祝福の四原則」 

本日は2022年最初の礼拝ということで、毎週の続きではなく、詩篇1篇から、「祝福の四原則」という題で、メッセージします。ポイントはそのまま4つです。 ①礼拝…先日、テレビで、江戸時代の武士の休日は、正月と盆の二日だけだっ...

●2021年12月26日(日)礼拝メッセージ要旨「約束の子ども」 

12月12日には、ガラテヤ4:1~20からでした。本日は、その続き、ガラテヤ4:21~31からです。救い主イエス・キリストにある者は、神の子どもとされている。その素晴らしい特権を手放してはならない、ということです。きょう...

●2021年12月19日(日)礼拝メッセージ要旨 …ルカ2:8~14…「天の神様からの偉大な贈りもの」 

★きょうはクリスマスについてのメッセージです。一般的に、クリスマスというと、ツリーを思い浮かべます。特に最近は、どこの地域でも華やかなイルミネーションが飾られるようになりました。仙台定禅寺通りの「光のページェント」は19...

●2021年12月12日(日)礼拝メッセージ要旨 「アバ、父」と呼ぶ御子の御霊

ガラテヤ4:1~20からです。この章では、「イエス・キリストにある者は神の子どもとされている。その特権を手放してはならない。」と、そういった内容です。ポイント3つ上げていきます。 ①「アバ、父」と呼ぶ御子の御霊…この手紙...

●2021年12月5日(日)礼拝メッセージ要旨 「キリストをその身に着た」 

ガラテヤ3:15~29からです。先週は、「神の御子イエス・キリストが十字架につけられ、のろわれた者となってくださり、人は、律法の行ないにはよらず、イエス・キリストを信じる信仰によってアブラハムの祝福を受ける」と、話しまし...

●2021年11月28日(日)礼拝メッセージ要旨  「アブラハムへの祝福」

ガラテヤ3:1~14からです。パウロの宣教により、ガラテヤの人々は、良い信仰を持っていましたが、ユダヤ主義者によって、その信仰を乱されていました。パウロは、彼らの信仰が回復するために説得します。本日は「信仰」ということを...

●2021年11月21日(日) 礼拝メッセージ要旨「キリストが私の内に生きておられる」

ガラテヤ2:1~21からです。今では、「キリスト教」は異邦人のものであり、ユダヤ人とは無関係に感じますが、パウロの時代当時は、むしろ、ユダヤ人からキリスト教は始まり、異邦人への宣教はこれからだったのです。ですから、いわゆ...

●2021年11月14日(日)礼拝メッセージ要旨「改革者としてのパウロ」 

ガラテヤ1:11~24からです。ガラテヤの諸教会には、ユダヤ主義者が入り込み、異邦人クリスチャンたちに割礼を求めたようです。しかし、「偶像に供えた物と、血と、絞め殺した物と、不品行とを避けることです。これらのことを注意深...

●2021年11月7日(日)礼拝メッセージ要旨「キリストのしもべ」 

ガラテヤ1:1~10からです。ガラテヤ地方は小アジア、今のトルコの中央部あたりです。先週まで学んでいたコリント人への手紙では、コリント教会に不品行やパウロへの批判がありました。一方、ガラテヤの諸教会では、異邦人に対してユ...