2012.4.15礼拝メッセージ要旨(黙示録21:1~27)

 この章は、聖書の中で、天の光景について最も詳細に記してある箇所と言えるでしょう。この21章、大まかに見て、天では三つの特徴があります。①死も悲しみも叫びもない。②高価な宝石のようなもので形づくられていた。この記事だけですと、若干、無機質な感じがしますが、22章には川もあり、植物もあるようですから、心配?することはないでしょう。③主ご自身が天の都を照らしていた。さて、さて、ここを読んで、私たちはどんなふうに感じるでしょう。すごい!素晴らしい!と感じる反面、多少の違和感もあるかもしれません。つまり、生活感がなくて、なんとなく実際的な魅力を感じないかもしれません。時々、死の間際などに、霊魂が体から離れて、天国を体験した人の証言を聞くことがあります。そこに入ると、皆、異口同音に、「二度と地上に戻りたいとは思わない。」と告白しています。実は、天国はこの上なく魅力的な所なのです。第一コリント13:12を見ますと、そこは完全な場所であり、明確にすべてを知ることができ、むしろ、今の私たちが住むこの地上がほんの一部分でぼんやりした場所であるのです。私たちは、やがてその素晴らしい場所に入らせていただくために必要なことは、イエス様を信じる「信仰」です。また、その信仰を安定的に持続するために「すべてのことに感謝する」ことです。クリスチャンにはイエス様というバックボーンがあります。この世で起こるすべての現象は、全能の主の御手の中にあり、神がすべてのことを働かせて益としてくださるのです(ローマ8:28)。ですから、私たちは、その神を信頼し、信仰を働かせながら、すべてのことについて感謝していきましょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です