●8月2日礼拝メッセージ要旨(ルカ4:1~13)

イエス様が、悪魔の試みに会われた箇所から、ポイントを三つあげて学びましょう。
①人はパンだけで生きるのではない。…御霊に導かれて悪魔の誘惑を受けることになったイエス様は、40日の断食をされ、空腹を覚えられると、悪魔が「あなたが神の子なら、この石に、パンになれと言いなさい。」と誘惑しました。しかし、イエス様は「『人はパンだけで生きるのではない。』と書いてある。」と言われます。このみことばは、申命記8:3からの引用です。出エジプトしたイスラエル人は食べ物も何もない荒野での天幕生活をしました。そのとき、毎日天からマナ(パンのようなもの)が降り、生ける神に養われていることを実体験したのです。神によって生かされるのであるならば、神のみことばに従って生きるべきです。たとい、恵まれていても謙虚さを失わないようにしましょう。ダビデは、神殿建設を息子ソロモンに託し、神殿建設資材を整えたとき、「~すべてはあなたから出たのであり、私たちは、御手から出たものを、あなたにささげたにすぎません。」と祈っています。すべては神から出ている。故に、神のことばによって生きるのです。
②主を拝み、主にだけ仕えなさい。…次に悪魔は、イエス様に世界の国々を全部見せて、「私を拝むなら、すべてをあなたのものとしよう。」と誘惑します。イエス様は、「あなたの神である主を拝み、主にだけ仕えなさい。」と答えられます。エペソ2:2には、悪魔は空中の権威を持つ支配者であると表現され、今日の世界が一時的に悪魔の支配下にあることを示しています。その霊的世界の影響下で、実際に真実な聖書のみことばに思い切って従う人は多くなく、案外、偽りの教えには無数の人々が押し寄せています。悪魔に平伏せば悪魔と同じ結末が待っているだけです。私たちは、唯一で真の神にのみ従い、最後の最後まで信仰を守り通そうではありませんか。
③主を試みてはならない。…三つの誘惑すべてに共通しているのは、主なる神の栄光を求めるのではなく、自分自身の栄誉を求める誘惑です。三つ目の誘惑は、悪魔が巧妙に聖書のみことばを引用し、ある意味ハイレベルな誘惑とも言えます。しかし、それでもイエス様は冷静沈着に三度、聖書のみことばをもって誘惑を退けました。第一のアダム(第一コリント15:45~47)はエデンの園で悪魔の誘惑に負けて園を追い出されました。第二のアダムであるイエス様は、悪魔の誘惑にみことばをもって見事に勝利されました。私たちは、第二のアダムであるイエスさまに拠り頼み、日々、勝利と喜びの日を過ごしましょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です