2012.5.20礼拝メッセージ要旨(マタイ2:1~12)

 三つのポイントから学びましょう。
 第一は、「東方の博士たちの礼拝」です。ちょうど明日の朝七時半頃は鹿児島から福島にかけて金環日食が見られます。それは、天文学の分野によって、そういうことが分かるのです。東方の博士たちが見た星は、今日の天文学では説明できない超自然的な方法で全能の神様が博士たちを導いたのでしょう。博士たちは、いったいどういう人たちだったのか、ギリシャ語ではマゴスが博士と訳されていますが、魔術師とも訳すことができ、占星術師のような人たちだったかもしれません。が、いずれにしても、彼らは遠い道のりを、特別な王として生まれた幼子を礼拝するために命がけでやって来たのです。彼らの礼拝をする姿勢は、今日の私たちが模範とすべきものです。
 第二のポイントは、「ベツレヘム」です。ルツ記では、ナオミとルツがモアブから帰ってきた場所です。ダビデ王の故郷でもありますが、ミカ5:2では「ユダの中で最も小さいもの」と記されています。真の神は、小さなもの、見下されているようなところに目を留めておられます。使徒パウロは、第二コリント12:10で「私が弱いときにこそ、私は強い」と言いました。神の力は弱いところに働くのです。
 第三は、「黄金・乳香・没薬」です。博士たちがイエス様にささげた、これらのものは、当時、高価な品物で、イエス様の家族の旅費や生活費になったことでしょう。また、黄金は、王の王としてのイエス様にふさわしく、乳香は永遠の祭司としてのイエス様にふさわしく、そして、没薬は十字架で死なれ葬られるイエス様を表していると言われています。正に、イエス様は、十字架により、信じる者に真のいのちを与え、天においても地においてもいっさいの権威をもって、今も、求める者を助けとりなしてくださいます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です