2012.12.23礼拝メッセージ要旨(イザヤ9:6)   

「みどりご」とは、三歳くらいまでの幼児を言い、語源的には、そのまま緑の子、すなわち、若葉や新芽のような子という意味のようです。ひとりのみどりごが乙女マリヤより生まれるという預言がイザヤによって、またミカによってベツレヘムに生まれるという預言がそれぞれBC700年ほどにされていました。さて、このみどりごであるイエス様は、天の神のみもとから来られた神ご自身であり、天においても地においてもいっさいの権威をお持ちでした。また不思議な助言者と呼ばれるのは、イエス様の名によって与えられる聖霊のことです。この聖霊様が共におられるなら、私たちは何をすべきか、また、何をしてはいけないか教えられます。また、力ある神とも呼ばれ、イエス様は圧倒的な力を現されました。今日、イエス様を信じる者には神の力と愛と慎みの霊が与えられます。そして、永遠の父とも呼ばれます。モーセがホレブの山で神に出会ったとき、その名を尋ねると「わたしは『わたしはある』という者である」と言われました。それは永遠に存在するということで、私たちもイエス様によって永遠のいのちに与(あずか)るのです。最後に「平和の君」です。アダムとエバの子孫である私たちは生まれながら罪人であり、聖なる神の怒りの下に置かれています。しかし、イエス様が十字架により和解の務めを成し遂げられ、今日、私たちはイエス様によって神と和解し、心に平和(平安)が与えられるのです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です