2013.2.10礼拝メッセージ要旨(マタイ13:24~43)   

二つのテーマで学びましょう。
①良い種と毒麦…天の神様は、この地上に良い種であるみことばを蒔かれました。しかし、一方で、悪魔が毒麦である悪い種をこの世界にまき散らしました。実際に、テロや極悪犯罪のニュースが世界中で起こっています。そういった総合的な視点による見方と、もう一つ、教会内部に蒔かれた毒麦というとらえ方もあります。折角、救いに与っても悪魔の毒牙によって、再び悪魔の支配下に陥る可能性も否定できません。最近、スポーツの現場での体罰問題などがニュースで聞かれます。様々な状況下で一概に論評できませんが、基本的には、どこかで、人を人とも思わなくなってしまったことが原因となったと思います。互いに相手を大切に思い、尊敬し合う。聖書から教えられているはずの私たちも、そういった本来あるべき姿を見失うことがないよう注意しなければなりません。
②からし種とパン種…からし種は本当に小さな種ですが生長すると空の鳥が巣を作るほどに大きくなります。神の民も同じで、一見、弱く小さな群れのようですが、その影響力は決して小さくありません。むしろ、人の役に立ち、人々に永遠の救いをもたらす福音を携えています。パン種もパンを大きくふくらませます。イエス様を信じる神の民は、家庭、学校、職場、社会に大きな影響力を持っているということを覚えましょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です